にせもんのホンモノ

普通の人"にせもん"による雑記ブログ

でもホントは好きなんでしょ?

f:id:nisemon_honmono:20181112191525j:image

1週間が始まりましたね。

わたしの場合、土日勤務だったので実感ありませんが…。

 

休みがほしい〜な〜

 

 

さて、マラソン練習を始めました!的な記事を以前に載せました。

 

健康診断までのダイエットも無事成功、リバウンドなくラソン練習を始めてからはもう少し体重が落ちてきています。

 

ある日気がついたんですが、

3ヶ月連続でマラソン大会に出ることになってまして…。

 

12月8日(土)

第1回HAT神戸ラソン

12kmでエントリー

 

1月6日(日)

第3回HAT神戸ドリームマラソン

ハーフリレーでエントリー

 

1月19日(土)

第8回あじさいロードレース

親子ペア  0.9kmでエントリー

 

2月18日(日)

大阪フル・リレーマラソン大会

詳細不明

 

 

これだけ見れば『おいおい、どんだけマラソン好きなんだよ…。』と思われても仕方ないですよね。

 

性格的に、やるからにはちゃんと練習しときたい人なんですよね〜、きっと。

 

走りもしない嫁さん達が「昨日練習してた」とか「○km走るようになった」とか言うもんだから旦那さん達は大変!!

 

外堀をどんどん埋められてる感じが嫌なんですが、やるって決めたのは自分ですからね。

 

 

今日も帰ってから練習してきます。

「出会いがない」と嘆く方へ ~出会いを掴むための5つのヒント~

f:id:nisemon_honmono:20181109124852j:image

先日、会社の若手達で懇親会をしたときの話。

 

「最近、出会いがないんですよ」

 

出会いがないことを悩んでる女性がいました。

10代、20代に比べ、30代に入ると異性と出会うきっかけが大幅に減少。

合コンなどに誘われる回数も減り、最近は会社と家の往復しかしていない…

なんてよくある話です。

  

本当にそうでしょうか?

 

わたしはダーツという趣味もあり、"出会い"という意味ではあまり悩んだことがありません。(恋愛に発展するかは別ですけどね)

 

■「出会いがない!」と言いがちな貴方へ

 

年齢を重ねるうちに、なかなか新たな出会いが見つからない!という人が意外にも多いように感じるので、今回は出会いを掴むための5つのヒントをご紹介します。

 

少しでも何かの参考になれば幸いです。

 

 

1.「出会いたい」を公言する

「出会いがない」を解消するために大切な最初の一歩

 

「出会いたい」を公言すること

 

あなたがどれほど本気で出会いを探しているのか……。周りの人はその熱量がわかりません。「出会いを求めてる」といいながら実は彼氏・彼女がいたり、周りの人に合わせているだけかもしれません。かといって「軽い人」や「寂しい人」とも思われたくない気持ちも分かります。

 

なので、まずは職場の人や友人に「パートナーを探している」と公言することから始めてはいかがでしょう?

 

出会いを掴む最初の一歩です。

 

2.「出会いの場」に出向く

 「出会い」の場に積極的に出向くこと
 
「そんなの当たり前じゃん......」と思われるでしょう。ですがちょっと待ってください!
 
"出会いの場"は、合コンや婚活パーティだけではありません。
 
インターネット経由で募集しているオフ会やコミュニティ、そしてバーなどの飲食店でも「新たな出会い」が見つかります。
 
そして忘れてはいけないのが"会社の懇親会"

「オジサンばかりで楽しくない…」とお誘いを断りしがちですが、意外と出会いのキッカケになる場合もあるんです。

 

30代半ばのAさん(男性)が上司と飲みにいった際、顔の広い上司から同じくパートナーを探している20代前半のBさん(女性)がいると紹介されたそうです。二人は上司経由で一度会ってみることになったそうですが、そのままゴールインすることになりました。

 

ちなみにこれ、わたしの元上司の話です。

  

3.先入観を捨てる

先入観を捨て、いろんな人と話をしてみる


「年上(年下)がいい」「○○が趣味な人」など、知らないうちに相手の条件を絞ってしまっていませんか?

 

しばらく出会いがないのであれば、あなたが抱いている先入観が原因かもしれません。人の価値観は様々ですが、年齢とともに変化することもあります。なにかご縁があっても、先入観を捨てきれずチャンスを捨ててしまった経験はないですか?

 

まずは先入観を捨て、じっくり話をしてみましょう。

意外な魅力が見えてくるかもしれません。

 

4.自分から積極的に行動する

相手から声をかけられるのを待たない


せっかく「いいな」と思える人が現れても、相手からのリアクションを待っていては何も進展しません。特に女性の場合は自分から声をかけるのは勇気が必要ですよね。

 

でも今はそんな時代ではありません。

 

好意を抱いた人がいたなら、積極的にアプローチするのもひとつの選択肢。
どうしても直接誘えなかったら、会社の同僚や友人を巻き込んでじっくり関係を深めていく方法もいいかもしれません。

 

30歳目前のCさん(女性)、たまたま会社の懇親会で知り合ったDさん(男性)と連絡先を交換しました。さっそく次の日からDさんに積極的にメールを送るもスルーされることがあったそう。ですが、繰り返すうちに慣れてきて、ついに自分からデートに誘ったそうです。彼とはその後、見事ゴールインしました。

 

5.恋愛・結婚だけに執着しない

恋愛や結婚の意識しすぎない

年齢を重ねると「無駄な付き合いはできない」と考えがち。

会社から結婚や妊娠・出産というプレッシャーをかけられたり、焦りや不安から関係を急速に発展させようと意識するあまり、失敗してしまうことがありませんか?

 

まずは「飲み友達ができればいい」という感覚で出会いを求めてみてはどうでしょう。そこで出会った男性とは恋愛関係にはならなくても、友達経由で新たな出会いがあったり、何度か会っているうちに恋愛に発展することもあるかもしれません。

 

結婚後のことを考えれば、飲み会友達から恋愛、結婚とじっくり関係を築いていく方が幸せな家庭になると思います。

 

■「出会いがない」なんてことはない!

 

ひとりでも何不自由なく生きていける世の中。

ですが、パートナーがいることで楽しさの幅は広がります。

 

この5つのヒントを参考に、

「新たな出会い」を見つけてみてください。

 

f:id:nisemon_honmono:20181110140917j:plain

 

電子書籍の利便性 〜楽天koboの場合〜

今日は久しぶりに雨模様。

仕事帰ってからマラソン練習しようかと思いましたが、夜中にスベって怪我したくないしやめとこう!

 

最近は歩道もアスファルトではなくて、ブロックやタイル張りが多いので雨の日は特にスベるんです。

 

見た目はキレイなんですけどね…。

 

 

さて、電子書籍の話!

バイクや車の雑誌が好きで結構買ってしまうのですが、置いておくと結構嵩張るんですよ、、、

 

気に入った記事があると置いてしまうんですが、何度か嫁さんに捨てられたことがありまして。

 

しかも勝手にですよ!!

 

ただ嫁さんの言い分も分かる。

だって増える一方だから(笑)

 

じゃあ電子書籍にしたら?

 

嫁さんが言いました。

た、たしかに…

 

Amazonより楽天を使うことが多いので、さっそく楽天koboアプリをダウンロード。

 

 

楽天kobo」の使い心地

 

さっそくバイク雑誌の最新号をGET…

 

 

え?できない?

 

 

雑誌版は発売日に買えるのに、電子書籍になると数日経たないと買えないみたいです。

 

結局3日ほど待って購入しました。

 

使い心地は悪くないですが、ページがめくれない(反応鈍い?)ことがあるのでイラッとする時があります。

 

さすがに携帯で見ると文字が見づらいですね。拡大もできるので読めないことはないのですが、紙面のようにパラパラ読むのは難しそう…。

 

逆に写真をじっくり見たい時は拡大機能が役に立ちます。お気に入りのバイク写真を拡大しながら、じっくりと眺められるのはちょっと嬉しいかも(笑)

 

 

でも・・・

iPadくらいのサイズで読みたいな。

 

 

子供たち、返してくれないかな。